精神科の訪問看護があるって知っていましたか?

精神科も訪問で看護を受けることができる

病院の診療科にはさまざまな種類がありますが、精神的な病気について診てくれるのが精神科です。
精神的な病気を患った場合、基本的には病院の精神科へ出向き、適切な処置を受けるのが一般的です。

しかし最近は、「精神科の訪問看護」が普及しています。
訪問看護とは、「看護師が患者の自宅へ出向き、看護サービスを行うこと」を指します。
訪問看護はバイタルチェックや生活の介助など、患者さんの身体的なサポートが一般的なサービスです。
精神科の訪問看護ではこうしたことも行うものの、精神的な症状に対する処置を行います。

精神科に通う人は症状がそれぞれで異なり、場合によっては病院に通うのが難しい人もいます。
気持ちが落ち込みがちで外出したくなかったり、気分の浮き沈みが激しく、定期的に病院へ通うのが難しかったりするのです。

こうしたときに訪問介看護なら、看護師が患者さんの自宅へ出向くため、定期的に適切な処置を受けやすくなります。
必要な場合には、精神科の訪問看護を検討すると良いでしょう。

精神科の訪問看護の対象者

精神科の訪問看護の対象者は、自分で薬を飲むのが難しい人や自分だけで外出するのが難しい人です。
また、精神的な病気はあるけれど、今後仕事をしたい人も対象です。
これらに当てはまる場合は、精神科の訪問看護を検討すると良いでしょう。

精神科の訪問看護の内容

精神科の訪問看護では、主にここから説明するようなことが行われます。
まずは「薬をきちんと服用しているかの確認」です。
精神的な病を患う人は、薬をきちんと服用しないことがあります。
しかし決められた量の薬を定期的に服用することは、症状改善のためにとても重要です。
看護師は患者さんがしっかりと薬を服用しているかどうか、定期的に訪れてチェックするのです。

また、人によってはうつ病で、自分だけでは動けないことがあります。
こうしたときは看護師が薬の服用を手伝うこともあります。

さらに、「生活のサポート」も行います。
精神的な病気の人は、日常生活を送るのが難しい場合もあります。
身体的には健康でも、気持ち的に落ち込んでいることから動きたくなかったり、身体機能が衰えてしまっていたりすることがあるのです。
看護師が必要なものを取りに行くなどしてサポートすることで、患者さんが日常生活を送りやすくなります。

また、「症状の確認」も行います。
患者さんの症状は日々変化し、きちんと薬を飲んでいると改善に向かいます。
そのため今どのような症状なのか、看護師は訪問することで経過観察をするのです。
このとき異常がなければ引き続き訪問看護を進めますが、もし異常が見られた場合には、医師へ連絡します。
そしてより適切な処置を行えるよう、準備をします。

介護豆知識
24時間対応してくれる!広がりつつある「定期巡回・随時対応型訪問介護」とは?

訪問介護の新しい形のサービス 介護が必要な人の自宅へ出向いて介護サービスを提供してもらえる「訪問介護 …

介護豆知識
訪問介護で出来ること、出来ないこと

訪問介護は2種類に分かれる 訪問介護とは、「介護士が介護が必要な人の自宅へ出向いて、介護サービスを行 …

介護豆知識
「後期高齢化医療制度」が施行。その内容を紹介します

後期高齢化医療制度とはどんな制度なのか解説 2008年から、「後期高齢化医療制度」という制度が施行さ …