熱中症にご注意を!対策法をお伝えします!

熱中症とはどんな症状なのか

夏になると気をつける必要があるのが熱中症です。
熱中症は「気温が高い状況の中で長く過ごしていると、体が脱水症状や体温上昇などを起こしてしまう症状」です。
熱中症の症状は場合や人によって異なりますが、暑い環境で長く過ごすときに起きる体調不良全般をいいます。

夏以外の季節にはあまり気にする必要はありませんが、夏場は熱中症対策をしておかないと、体調を崩しやすくなってしまいます。
特に高齢者は気をつける必要があるため、原因と対策方法を知っておきましょう。

熱中症の原因について解説

熱中症の原因は、「暑い環境に長くいることによる体温の上昇」です。
人の体温は36度前後であることが多いですが、夏場に屋外で過ごしていると、体温が37度など、平熱よりも高い状態になります。
すると体が正常な機能を保てなくなってしまい、異常をきたします。
これが熱中症の症状として現れるのです。

つまり熱中症は「高温の状況に、長くいること」を避ければ防ぐことができます。
具体的にどのような対策をとれば予防できるかを見ていきましょう。

簡単にできる熱中症の対策方法

熱中症の対策は、実は比較的簡単な方法で行うことができます。
そのための方法として、まずは「水分補給」が挙げられます。
暑い部屋などで過ごす必要があるときは、こまめに水分を補給しましょう。
なるべく1日に1~2リットルくらいの水分を摂るように心がけると、熱中症を防ぎやすくなります。
1リットルや2リットルの水分を1度に摂るのは大変なため、数回に分けて飲むと良いでしょう。

次に、熱中症のなりやすさは人によって異なります。
暑いと感じるときは無理をせず、エアコンをつけるようにしましょう。
人によっては「エアコンは電気代がかかるからもったいない」「体に悪そう」と考える人もいますが、エアコンをつけずに暑い環境の中で過ごすのも体力を消耗します。
そのためエアコンを必要に応じて上手く使い、体温が上昇するのを避けるようにしましょう。

また、なるべく涼しい服装を意識することも効果的です。
夏に長袖を着ていたり、濃い色の服を着ていたりすると、体に熱がこもりやすくなります。
そのためできるだけ薄着をすることで、熱を外に放出しやすくなります。
薄着のほうが夏らしい服装にもなるため、意識してみることをおすすめします。

帽子をかぶることも効果的です。
帽子が日差しを遮ってくれるため、熱中症になりにくくなります。

以上のようなことをすれば、熱中症を予防しやすくなります。
どれも簡単にできることなので、ぜひ生活の中に取り入れてみてください。
また、熱中症にもしなってしまったときには無理をせず、周りの人や医師に早めに相談しましょう。

介護豆知識
精神科の訪問看護があるって知っていましたか?

精神科も訪問で看護を受けることができる 病院の診療科にはさまざまな種類がありますが、精神的な病気につ …

介護豆知識
笑って楽しく認知症の進行を予防

笑いの力は認知症の進行を和らげてくれる 認知症はご本人にとっても周りにいるご家族にとっても辛い症状で …

介護豆知識
介護拒否を起こしている方がいたら

他人の世話になるのが嫌という人も多くいる 介護の必要性があるにも関わらず、介護を拒否される方もいらっ …