「後期高齢化医療制度」が施行。その内容を紹介します

後期高齢化医療制度とはどんな制度なのか解説

2008年から、「後期高齢化医療制度」という制度が施行されました。
後期高齢化医療制度とは、「75歳以上の高齢者を支えるための医療制度」です。

75歳は、かなり高齢といえる年齢です。
体にさまざまな症状が生じる人も多く、こうした方は病院などで医療サービスを受ける機会が多くなります。
すると医療に関する費用負担が大きくなり、人によっては経済的に苦しくなってしまうことがあります。

こうした方をさせるために施行されたのが、後期高齢化医療制度なのです。
後期高齢化医療制度では75歳以上の方が、本来かかる医療費の1割を負担します。
そして残りの費用は、後期高齢化医療制度でまかなわれることになります。

たとえば病院での診察代・薬代などが2,000円だったとします。
このとき75歳以上の患者さんが支払う金額は、1割の200円となります。
残りの1,800円は、後期高齢化医療制度によって免除されるのです。

75未満の健康な人は、医療費の3割を負担します。
つまり本来2,000円かかる医療費の場合、600円を負担します。
これでもかなり自己負担が抑えられていますが、後期高齢化医療制度では、患者さんの金銭的な負担がより軽減されているのです。

後期高齢化医療制度の加入条件とは

後期高齢化医療制度は、対象者が決まっています。
制度を利用したい場合は加入する必要がありますが、基本的には75歳の誕生日を迎えたときから加入することができます。
75歳までは国民健康保険や共済組合などの保険に加入している人が多いですが、これらから後期高齢化医療制度に切り替えることになります。
後期高齢化医療制度に変更後は、それまで加入していた保険制度を適用することはできず、今までの保険証も使えなくなります。

また、75歳に達していなくても、65歳以上で一定の条件を満たす人であれば、後期高齢化医療制度に加入することができます。
その基準となるのは、「障害のある人」です。
障害年金で1~2級にあたる人や、身体障害者手帳の1~3級、もしくは4級の一部の人は、65歳以上であれば後期高齢化医療制度を利用することができます。

さらに、精神障害者保険福祉手帳の1~2級を持っている人も対象になり、療育手帳のAを持っている人も加入することができます。

後期高齢化医療制度の保険料とは

後期高齢化医療制度の保険料は年度によって変わり、地域によっても変わります。
平成28年と29年における後期高齢化医療制度の保険料は、平均で約45,000円となっています。
また、支払いは受給する年金から差し引きになります。

後期高齢化医療制度について理解しておくと、75歳以降の生活を安心して考えられるようになります。
ぜひ知っておきましょう。

介護豆知識
今回は「訪問介護利用の流れ」を詳しく紹介します

訪問介護について、理解を深めよう 訪問介護は介護サービスとして一般的ですが、きちんと理解しておくこと …

介護豆知識
24時間対応してくれる!広がりつつある「定期巡回・随時対応型訪問介護」とは?

訪問介護の新しい形のサービス 介護が必要な人の自宅へ出向いて介護サービスを提供してもらえる「訪問介護 …

介護豆知識
訪問介護で出来ること、出来ないこと

訪問介護は2種類に分かれる 訪問介護とは、「介護士が介護が必要な人の自宅へ出向いて、介護サービスを行 …