訪問介護で出来ること、出来ないこと

訪問介護は2種類に分かれる

訪問介護とは、「介護士が介護が必要な人の自宅へ出向いて、介護サービスを行うこと」を指します。
要介護者が介護施設へ出向く必要がないため、より手軽に介護を受けられる形態として近年注目されています。

訪問介護には大きく分けて2つの種類があり、「身体介助」と「生活援助」に分けられます。
まずはこれらを理解しておくことが大切です。

身体介助と生活援助の違い

身体介助とは、「介護が必要な人の生活をサポートする業務」です。
人によっては自分で手を動かして食事をするのが難しかったり、体を上手く動かせず、入浴ができなかったりします。
こうしたときに介護士が手助けをすることで、日常生活に必要な動作を行うことができます。
介護サービスと聞いて多くの人がイメージするのは、この身体介助です。

次に生活援助とは、「介護士が要介護者の体に直接触れないサポート」です。
普通に日常生活を送るためには、食事や入浴、トイレなどだけでなく、買い物や掃除、食事の準備などもあります。
こうしたことも介護が必要な方は自分でするのが難しいことが多いため、誰かの助けが必要です。
生活援助では介護士がこうしたことをサポートすることで、より日常生活を送りやすくなるようにします。
生活援助は介護が必要な人に直接触れないため、「介助」ではなく「援助」となっています。

このように身体介助と生活援助は、内容が大きく異なります。
同じ介護サービスではあるものの、それぞれにははっきりとした違いがあるため、理解しておくと良いでしょう。

身体介助と生活援助を組み合わせても、できないことがある

介護が必要な方は、生活のさまざまな面で困ることがあります。
しかし身体介助と生活援助を組み合わせて利用すれば、日常生活に必要な大体のことは介護士に助けてもらえる印象があります。

しかしこれら両方を合わせても、介護士が行えないことはあります。
「介護士ができない範囲」を理解しておくことは、とても大切です。

身体介助と生活援助を組み合わせてもできないこととして、「お客さんの出迎え」や「家族の方に料理を準備すること」が挙げられます。
これらは一見すると生活援助の範囲内と考えられるかもしれませんが、「介護が必要な方への直接的な援助」ではありません。
身体介助と生活援助は要介護者に対して直接行われなければいけないため、これらのことは介護サービスとして提供されないのです。

もうひとつ、「日常生活で行うことから、大きく外れるサポート」も範囲外です。
たとえば「草むしり」や「ペットの散歩」などを、介護士が行うことはできません。
これらは介護が必要な人がすることかもしれませんが、日常生活に最低限必要なことではありません。
そのため介護士が行うことはできないのです。
こうした範囲外のことを、きちんと理解しておきましょう。

介護豆知識
24時間対応してくれる!広がりつつある「定期巡回・随時対応型訪問介護」とは?

訪問介護の新しい形のサービス 介護が必要な人の自宅へ出向いて介護サービスを提供してもらえる「訪問介護 …

介護豆知識
「後期高齢化医療制度」が施行。その内容を紹介します

後期高齢化医療制度とはどんな制度なのか解説 2008年から、「後期高齢化医療制度」という制度が施行さ …

介護豆知識
精神科の訪問看護があるって知っていましたか?

精神科も訪問で看護を受けることができる 病院の診療科にはさまざまな種類がありますが、精神的な病気につ …