ダニに注意!意外とこわいダニの害とは

ダニには気をつけるべき

目には見えないものの気をつける必要がある虫が「ダニ」です。
ダニは小さくて一見どこにもいないように思えますが、実はベッドやソファなど、さまざまなところに住みついています。
ダニは繁殖しやすく、家の中は特にダニが過ごしやすい環境のため、注意が必要です。
ここではダニの害について解説します。

ダニが発生する要因と、ダニの種類

ダニが発生する要因として、まずは「湿度」が挙げられます。
適度な湿度は家に必要なものですが、同時にダニにとっても住みやすい環境を作り出す原因になります。
特にダニが繁殖しやすい場所として、布団があります。
布団は水分を吸収しやすく、そのままにしておくとダニが増えてしまいます。
ゆっくりと休息をとるためのものである布団が、体調不良の原因になってしまうこともあるのです。

そのため布団は定期的に干し、清潔な状態を保つように気をつけましょう。
ただし、布団を干して日に当てだだけでは、ダニの死骸が残ったままになってしまいます。
そのため布団たたきなどでダニの死骸を落としておきましょう。

高級布団の場合、防ダニ加工を施しているものもあります。
アレルギーなどを持っている方は、最初から防ダニ加工済の布団を購入するといいでしょう。
長期10年保証の羽毛ふとん

次に「ほこり」もダニの発生要因として大きなものです。
ほこりは部屋のさまざまな部分にたまりますが、ダニはこれをエサとして繁殖するのです。
そのためホコリはなるべく部屋の中にためないようにして、掃除をしましょう。
定期的に掃除をすることでダニの栄養分を除去することができ、繁殖しにくくなります。

ダニの種類にはヒョウダニやコナダニ、ツメダニなどがあります。
ヒョウダニは寝具などに繁殖しやすく、コナダニは食品をエサにして増えやすいです。
ツメダニはほかのダニの死骸を食べて繁殖するため、布団などに残さないようにすることが大切です。

ダニでどんな病気が起きるのか

ダニで引き起こされる病気としては、「アレルギー性の病気」が中心です。
アレルギー性の喘息や鼻炎、結膜炎、皮膚炎などが起きる可能性があり、これらはどれも症状が発生すると長引くことがあります。
そのためできるだけ前もって対策をして、これらの病気を防ぐことが大切です。

ダニを防ぐためには、とにかく「家の中を清潔に保つこと」が大切です。
衣類や寝具は定期的に洗濯や日干しをして、必要に応じて防虫剤を置いておきましょう。

また、壁や床などは掃除をして、ほこりがたまらないように気をつけましょう。
ほこりは油断するとすぐにたまってしまうため、できれば2~3日に1度は掃除をすると良いでしょう。

こうした環境を保っているとダニが繁殖しにくくなり、病気にもなりにくくなります。
ダニは思っている以上に体や健康に大きな害を与えるため、あなたも日頃から十分気をつけることをおすすめします。

介護豆知識
地域共生社会とは?注目される「共生型サービス」を紹介!

地域共生社会とはどのような社会なのか 最近注目されているものに「地域共生社会」というものがあります。 …

介護豆知識
今回は「訪問介護利用の流れ」を詳しく紹介します

訪問介護について、理解を深めよう 訪問介護は介護サービスとして一般的ですが、きちんと理解しておくこと …

介護豆知識
24時間対応してくれる!広がりつつある「定期巡回・随時対応型訪問介護」とは?

訪問介護の新しい形のサービス 介護が必要な人の自宅へ出向いて介護サービスを提供してもらえる「訪問介護 …