生について向き合う仕事

介護について考える

介護の仕事をしていると、突き当たることが多いのが生に関することです。
生について向き合うことは、介護ではとても良くあります。

介護業界で接する方は体が不自由な方が多いですが、そうした方は体が不自由ながらも、毎日とてもしっかりと向き合っていると感じています。

私たちスタッフは体が自由に動きますが、介護が必要な方の元気さに時々負けていると感じることがあるくらい、前向きに日々を過ごされている方もいます。

こうした様子を見ていると私たちもとても刺激になりますし、生きることについて向き合ってみることも多いです。
自分のできることをしっかりと頑張っている方はとても魅力的に見えますが、体が不自由でも生き生きと過ごされている方は、こうした姿勢で過ごされていることをとても感じます。

あじさいの里のスタッフも、できる限り全力でお仕事をさせて頂いていますが、エネルギーをしっかり使って仕事ができていないなと感じることもあります。

介護が必要な方はいつも体の不自由さと戦わないといけないのに、それをものともせずにポジティブに頑張られているので、本当にすごいことだと思います。
これからも私たちも勉強させて頂くことも多いと思います。

落ち込んだ時にどうするか

介護が必要な方の中には、自分の体が思うように動かずに悩んでしまう方もいます。
ですが、こうした方も日々を精一杯過ごしていけば、きっと良い未来が開けてくると思います。

もちろん日々の生活の不自由さはとても大変なことと思いますが、ずっと悩んでいると状況がそのままになってしまいます。
立ち止まって休むことも必要ですが、休み終わったら、少しずつでも前に歩き出して欲しいと思います。

それが次のエネルギーになり、ある日を境にして元気を取り戻すことができるはずです。

私たちも日々介護が必要なお客様を見る中で、こうした最初はとても落ち込んでいたにも関わらず、最後はとても明るく元気になっていたという方を多く見てきました。

そうした方は落ち込みながらもその時にできることを精一杯やって、ご自身の今を変えてこられていました。
本当に、生について考えさせられることも多くて、介護は奥が深いと感じています。

スタッフも頑張ります

こうした皆さんの様子は私たちにもとても刺激になっています。

生について考えることで、私たちスタッフもさらに良い仕事ができるようになっていきたいと思います。
そして、皆さんに少しでも多くのエネルギーや今後のより良い生活の原動力になれればと思っています。

生について考えるのは考えても考えてとても奥深く、介護の仕事をする間の永遠のテーマなのかなと思います。
私もじっくりと生について考えて、答を出していけたらなと思っています。