ペーパーボール投げ

みんなで楽しめる遊び

介護施設では、いろいろなレクリエーションを行うことで、体を動かしたり頭をリフレッシュしたりしています。
みんなで一緒に行うことで、コミュニケーションを取る場ともなりますので、気持ちも爽やかになってとても効果的なのです。
いろいろなタイプのレクリエーションがなされていますが、その中でも人気なのがペーパーボール投げです。

これは、新聞紙などの大きな紙を丸めてボールとして、みんなでそれを投げて箱に入れるというものです。
見事ゴールに入ったら盛り上がりますし、軽くて楽に投げられますので、体力がなかったり機能障害がある方であったりしても無理なく楽しめるのが魅力です。
また、寝たきりの人でも車いすに乗っている人でも、その体勢から行うことができますので、文字通りみんなで行うことができて、盛り上がれるレクリエーションです。

安全に体を動かせるのがうれしい

ペーパーボール投げの良いところは、安全にレクリエーションを楽しめるということにもあります。
ボールは紙製でとても軽いので、投げる動作をする時にも体に無理がかかりませんし、ゴールまでの距離を調整してあげれば、そんなに力を入れなくても楽しめます。
また、グループで遊んでいて、ボールが他の人に当たってしまったとしても、怪我をすることもありませんので、一緒に行えるというのも良いところです。

気軽に安全にできるレクリエーションとしてとても優れていますので、いろんな介護施設で楽しまれているゲームとなっています。
ルールも非常に簡単で、すぐに誰でも始められますので、介護施設に初めて来てレクリエーションをするという方でも、すぐに楽しめるのも魅力です。
何回もこのゲームをやっていて慣れているという人でも、紙製のボールは投げると空気抵抗で思うように飛んでいかないことが多いので、いつまでも飽きることなく楽しめるのも介護施設でのゲームとして人気の理由です。

気持ちをリフレッシュさせることもできる

ペーパーボール投げをすることは、体を動かすことだけでなく、気持ちをリフレッシュさせることにもつながります。
自分が投げたボールが箱に入れば気持ちいいものですし、他の人のゲームを見ていても、結構盛り上がりますのでワイワイみんなで楽しい時間を過ごすことができます。
一回目に投げて入らないと、次はどのように投げたら入るのかと考えてゲームをしますので、頭を使って遊ぶようになって、頭の体操にもなるというメリットがあります。

このように、単純なゲームではありますが、心身に良い効果がありますし、何より楽しんでみんなと時間を共にできるという魅力があります。
リハビリにも役立ちますので、ゲームを通して有意義な時間とすることができます。

行っているレクリエーションの紹介
フラフープ玉転がし

フラフープ玉転がしの遊び方とルール フラフープ玉転がしは、誰もが参加して楽しめるレクリエーションで、 …

行っているレクリエーションの紹介
サイコロサッカー

サッカーボールの準備の仕方 サイコロサッカーのサッカーボールは、自作していつでも楽しめます。 サッカ …