認知症について

認知症をご存知ですか

介護が必要になる方の症状には様々なものがありますが、身体的に不自由になるのと同じくらい多いのが認知症と呼ばれる症状です。

聞いたことがある方も多いかもしれませんが、現代ではより多くなってきている症状と言われており、今後もますます高齢化が進む中で増えると予想されている症状です。

ここでは認知症についての基本的な知識をお伝えさせて頂きます。
認知症がどんなものかを分かっているだけでも今後の対策ができますし、あなたが認知症になることを防いでいくことができます。

やはり認知症の対策は早めに準備をしておくことがとても大切です。
ぜひこれを機会に勉強してみてほしいと思います。

認知症とは

認知症はその名称の通り、認知に関する症状です。
認知症にも様々な症状があり、それぞれに生じる内容も異なっています。

認知症の症状として多いのが、物忘れです。
アルツハイマーも認知症のひとつの種類で、こちらの方が聞いたことがある方も多いかもしれません。

アルツハイマーになると数日前のことなどは忘れやすくなるほか、ついさっきのことでも忘れやすくなってしまいます。

これは、年齢を重ねることで脳の細胞が破壊されることで起こっています。
細胞が破壊されると今まで記憶を司っていた細胞が上手く機能しなくなってしまい、物事を記憶しておくことができなくなってしまいます。

段々と症状が進行していき、症状が軽い場合にはちょっとした物忘れで済みますが、症状が大きくなると親しい人の名前なども忘れてしまうことがあるので注意が必要な症状です。
家族の方なども忘れ去れてしまうととても寂しい気持ちにもなりますが、じっくりと接していく必要があります。

次に周辺症状と呼ばれる症状もあります。
これは認知症のメインの症状ではなく、プラスの周辺の症状として現れることが多い症状です。

これには妄想や徘徊などといった症状があり、少し不可解な印象のある症状も多くなっています。
症状は人によって様々で、それぞれに異なる症状が出るので個別の対応が必要になる症状です。

基本を知り、認知症に備えよう

このように認知症は様々な症状を生じる可能性があるものなので、十分に気をつけておきたいものです。ランニング
食事や運動などで認知症を防いでいくことができるので、ぜひ日々の中で健康的な食事や運動をしていくことを心掛けることをお勧めします。

また、認知症の方が身近にいる場合には、周りの方の協力が必要不可欠になります。
認知症の方が一人で普通に生活していくことはとても難しい場合が多いため、十分に配慮してあげることをお勧めします。
少し大変なことも多いかもしれませんが、きちんと向き合っていくようにしましょう。