介護チェック項目~介護のきっかけ~

身体的な機能が落ちていることを見分ける

年齢と共に身体的な機能は徐々に落ちていくため、家族がその状態を見分けてあげないと、思わぬ事故などに遭ってしまうこともあります。
そのため、親の状態をチェックしてあげて、介護が必要かどうかを見極めるようにしましょう。
医師ではないので、何らかの検査をして体調をチェックするというのは難しいことですが、日常の様子から介護の必要性を見ることができます。

【食事をあまり摂らなくなった、急にやせてきた】
加齢とともに当然ある程度食べる量は減ってきますが、急に食事の量が減ってきたり、目に見えて痩せているようであれば注意が必要です。
というのも、食事が減ればそれだけエネルギーが取れなくなってしまいますから、活動が控えめになってしまうからです。
また、胃腸系の病気や、咀嚼機能が弱っているために食事を摂るのが難しくなっているということが考えられます。

家の中や日常生活に見られる変化にも注意する

身体機能の低下は家の中の様子や、日常生活の送り方にも現れますので注意してみましょう。

【障子などの破れが多くなっている】
壁紙のはがれや障子の破れが多くなっていることに気づいたら、介護の必要性が高まっている可能性があると思いましょう。
というのも、加齢と共に足腰が弱まってしまい、転倒して障子を破ってしまったり、壁に手をつくことが多くなるので、どうしても障子や壁紙の破れが多くなるのです。
また、以前は家の中をきれいにしていたのに、手入れする余裕がなくなっているというのも、体力的な衰えが原因が考えられます。

【外出することがめっきり減った】
元気な状態だと、外に出てリフレッシュしたいと思うものですが、体力的に落ちてくると外出するのが大変に思えます。
また、転倒するのではないかという恐怖もありますので、余計に外出することがなくなってしまいます。

認知症の兆候を見る

介護の必要性は身体的なものだけでなく、認知症によっても生じますので、その兆候がないかチェックしましょう。

【ものをどこに置いたか分からなくなってしまう】
カギや財布など、大体いつも同じ場所に置いておくような大事なものを探すようになってしまうと、認知症が始まっている可能性があります。
また、お金などが盗まれるのではないかという被害妄想が強くなって、見えないところに隠してしまうという兆候が見られることもあります。

【同じことを繰り返すことが多くなる】
認知症の一つの徴候として、自分が話したことを忘れてしまい、同じことを繰り返すということを挙げられます。
数分前に話していたことを、急にまた話し始めるなどの極端な状態になっているのであれば、病院に連れていってあげることが大事です。

介護豆知識
介護拒否を起こしている方がいたら

他人の世話になるのが嫌という人も多くいる 介護の必要性があるにも関わらず、介護を拒否される方もいらっ …

介護豆知識
在宅介護で使えるサービスについて

自宅で介護サービスを受けることができる 介護保険は、いろいろな介護サービスの提供に適用されますので、 …

介護豆知識
介護保険、使ってますか?

国の重要な保障制度の一つ 介護保険 高齢化が進んでいる日本において、高齢者が平等に介護を受けられると …